少しだけ…

『ウィペット』な ジュリアンと、へたれな黄パンダの 徒然なるままに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほー、そうい考え方があるのねん。

盲導犬や聴導犬や補助犬等の、所謂、障害をもった方の手助けをする、介助犬は、今から必要なくなるんじゃないか?って、話をちょっとされた。

障害者の自立を、妨げてるんじゃないかって…

は?

一瞬、色んな考えや思いや感情が押し寄せて、うーんとなった。

本来なら、自分で出来る事を、犬に依存して、やらなくなってしまったりするんじゃないかって…。





う~ん、うーんうーんうーん!まぁ、あり得無くはない事だよね。

でもね。
それって、極論だよね。

何だってそうだと思うんだ。

要は、何でもその人次第なんだよね!


医学や科学が、いくら進歩して、画期的で素晴らしい介助グッズやマシーンが、開発されたとしてもさ。

いや、いやいや!

違う違う違うやろー(´`)
それはそれで、進歩して貰いたいけど、だからって、介助犬が不必要とは、ならんやろー(_´Д`)


それにそれに………

とか、頭の中で、叫んだけれど、言いませんでした。

犬の素晴らしさを、知らない人なんだな。

単に不自由なところを、手助けするだけじゃないのに…

そこにさぁ!

まっ、いっかぁ~

色んな考えがあるさ…


スポンサーサイト
  1. 2011/05/24(火) 20:31:13|
  2. ボヤキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ちきちきどんどん | ホーム | 気をもたすなぁ>>

コメント

☆オカンさん

ね、極論過ぎますよね!

マイナスに目がいっちゃうのでしょうね。

プラス面が多いのにですね!
セラピードッグの存在も、あるのにな。

私、その方のことは、詳しく存じ上げませんが、多分 直接、介助犬等と、関わってはいないんじゃないかと…
  1. 2011/05/28(土) 14:35:23 |
  2. URL |
  3. 管理人 黄色いパンダ #s5RVRKAk
  4. [ 編集]

うわ~極論すぎですね
やはり持ちつ持たれつもあるし、犬は道具じゃないしね
マイナスな面よりも、メンタルの支えになる気がするんですよ。
つまり、やる気やら、勇気やら・・・その可能性の方が
どれだけデカイか・・・
この人は、介護犬と生活されている方の何処を見て
そんな極論に達したんでしょうかね・・・
  1. 2011/05/26(木) 17:25:16 |
  2. URL |
  3. オカン #sSHoJftA
  4. [ 編集]

☆まぁさん

うん、そうだね。

医療も自然治癒能力を弱めてる。
だね!


何っつうんだろ。

介助犬って、身体的な手助けになるだけじゃないよねっ(´∀`)
そこにいるのは命だもん。意志疎通が出来るし、心の支えになるし…

何よりね、犬には、してあげなきゃならない事が、沢山あるんだよね!
(*^_^*)もちつもたれつ!
誰かに何かをしてあげる、誰かに必要とされるって、この上ないパワーになると思うんだぁ。


耳が2個、口が1個かって話、忘れてたけど聞いたことある。
人の話をしっかり聞いて、自分は謙虚にって、自分も考えなきゃだなぁ。

  1. 2011/05/25(水) 14:00:18 |
  2. URL |
  3. 管理人、黄色いパンダ #s5RVRKAk
  4. [ 編集]

そんな事言ってたらさ
医療だって、人間の自然治癒能力を弱めてるんだよね!
人それぞれ考え方が違うし、とらえ方が違う。。
そう思う人はそうすればいいけど、それを誰かに押し付ける事は止めて欲しいね^^;
介助犬だって、手助けになるだけじゃなく、癒しにもなってるんだよ☆
人の言葉に耳を傾けるのは良い事だけど、自分の気持ちを大事にしなきゃね^^

何で耳が2個、口が1個かって話知ってる?
人の話をしっかり聞いて、自分は謙虚にって
自論ばかり押し付けちゃダメだよって事だね^^
それを聞いて、納得しちゃったよ^^
  1. 2011/05/24(火) 13:34:12 |
  2. URL |
  3. まぁ #6x2ZnSGE
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipanda.blog83.fc2.com/tb.php/520-b16976a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。