少しだけ…

『ウィペット』な ジュリアンと、へたれな黄パンダの 徒然なるままに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(^o^;

ブリーダーという職業を、全否定する人が、けっこう、いるけど^ロ^;


あたしは、ブリーダーって、本来ならば、素晴らしい職業だと思うんだけどな!

犬と歴史と、それを築いた人間に、敬意を払い、歴史を重んじ、なおかつ、下手にとらわれずに新しきよきものを取り入れる!


いい仕事をしてきた人がいるから、今があると思うんだ…


でも、いい仕事をしている人は、極々僅かなんだろうなぁ~(´ω`)


ブリーダーを全否定するって=純血種を、全否定するって事だよね~って、考えすぎかなぁ。



ブリーダーやショップにも、たくさん問題はあるけれど、一番は…犬と暮らす、関わるあたしら1個人が、関係してんじゃないのかな~


世の中や、誰かのせいにする前に、本当に本当に本当に、自分はこれで良い?って、1人1人が、考えて見直せば、犬猫社会は、随分変わると思ったりして…

スポンサーサイト
  1. 2011/08/03(水) 20:48:22|
  2. アニマル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<会えなかった | ホーム | 時の流れ>>

コメント

☆まぁさん

そう、ブリーダーがいなかったら、人と犬が、こんなに豊かで素晴らしい関係にならなかったはず。

あたしは、ちゃんとした事は、わからないから、こんな発言するのも、間違いなのかもしれないけどね^ロ^;
きちんとした知識と愛情をもって、ブリーディングって行われなきゃって思うのだわよ。

法で規制したら、必ず、抜けようとする悪徳は、何にしたっているだろうけど、やっぱりそれでも、規制は必要だと思うな。


そうよ。あたしの周りにも、ショップで購入して、幸せに暮らしてる人や犬もいっぱいいるからね(´∀`)それを間違いだとは思わない。出会い方の一つだもん。

ただ、これから先、ショップもブリーダーも、変わっていく必要はあるよね!

ノラちゃんは、大変だけど、飼い犬には無い、自由があるよね(^ω^)
全てを管理下に置かれる、不安が無い幸せもあり…
そぅでない幸せも、又あるんじゃないかな。

皆、自信をもって生きて欲しいね。
  1. 2011/08/06(土) 23:43:47 |
  2. URL |
  3. 管理人 黄色いパンダ #s5RVRKAk
  4. [ 編集]

☆タハンさん

あたしも、このままでは、いけないと思っている愛犬家の1人です。
そして、誠実な愛犬家の方々が、現状を伝えよう、変えようとしている事にも共感しています!

上手く表現出来ませんが、ペットショップやブリーダーの、存在や職業そのものを、全否定する方も、けっこういるのがなぁあ^ロ^;って、思うんです。
全否定です。

ペットショップが悪い、ブリーダーが悪い!全ての責任はそこにある!無くしてしまえって、決めつけちゃってんのって、どうかなぁ?ってね。

物事は、良いところもそうでないところもあるはずなのに、良いところは見ようとせずに、マイナス面ばかりを出して、攻撃するってとこに、なんだかなぁなんですよー(´`)
  1. 2011/08/06(土) 23:28:05 |
  2. URL |
  3. 管理人 黄色いパンダ #s5RVRKAk
  4. [ 編集]

色んなブリーダーが居ますよね(>_<)
お金の為に産ませてる人も居るんだろうし、でも、そのおかげでほしいワンコが手に入って喜んでる人も居る。。。
難しい問題だね
ただ、1匹でも多くのワンコがシッポを上にあげて歩けるような
シッポふりふりして喜べるような
そんなワンコが増えたら良いなと思う

時々見るノラちゃん
シッポをお尻の下にしまいこんで、ビクビクして歩いてる。。。
きっと、怖い事がいっぱいだったんだろうね(>_<)
ノラちゃんが生きていくのは大変だろうけど、そんなワンコでもシッポをあげて堂々と歩いてほしいなって思う!

何もしてあげれないけどね(>_<)

  1. 2011/08/03(水) 17:50:51 |
  2. URL |
  3. まぁ #6x2ZnSGE
  4. [ 編集]

ブリーダーの責任について

30年以上に渡るブリーダーとしての権威を持つ、
D・フレイグはその著書の中で「・・・おそらく市場に子犬があふれている一番大きな原因と思われる問題(について)われわれは自分たちの感情を、犬の世界にも当てはめて考える傾向がある。・・・現在の犬の品種は、その多くが一握りのブリーダーの才能によって作られたものである。優れたブリーダーが多くのエネルギーを注ぎ、想像力を駆使し、全身全霊で取り組んだおかげで、血統は守られ、発展させ(てきた)・・・」
ゆえに彼は、犬のブリーダーには大きな責任感と、誠実さが求められる
例をあげて「報酬につられたなどが原因で・・・遺伝性の病気を抱える犬や臆病な犬が繁殖に使われ、その結果ごく短い期間に血統が台無しになる恐れがある。」また「たとえショードックとして優秀だったとしても、繁殖からは外し・・・責任感のある飼い主ならば、自らそれを選択するはずだ」とのべています。

また私の恩師は「愛ある父母(犬)に生まれ、普段の生活環境の中で生まれ、育つ」ことの大切さを、犬との関わる仕事を続けてこられた20年の間、一貫して説いています。

つまり、繁殖の仕方のみならず、狭いクレートに何匹も閉じ込められた環境や、朝早くから深夜までガラスケースの中ですごさなければならなかったり、ネット環境の中で成立する販売方法のありかた、そういった中での
子犬の、成長と発達を思いますと、多くの誠実な愛犬家たちは『このままではいけない』と、憂いているのではないでしょうか。



  1. 2011/08/03(水) 16:19:14 |
  2. URL |
  3. タハン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipanda.blog83.fc2.com/tb.php/577-0312feb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。