少しだけ…

『ウィペット』な ジュリアンと、へたれな黄パンダの 徒然なるままに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とべない ジュリアン

20090530034733
20090530034731
20090530034728
20090530034726
20090530034723
20090530034720
馴染みの公園

馴染みの遊具
(スケボー練習場)

しかーし、いつもと 違っていたのは……



「ジュリアン、GO!」コマンドと共に、走り出し、駆け登るジュリアン




正面からみていたから、登らせ始めは 気付かなかったけど…


近くに行って


(゜o゜) あ




前は くっついていた (斜傾と本体?)部分 離れているー


気づいた時には、ジュリアンは、JUMPして、無事に本体に乗ってました。



落ちなくて 良かったぁ



しかーし、登るには 登ったものの



下に降りれない ジュリたん


その隙間を、飛び越える勇気が、出ないみたい

何度指示しても、JUMPが なかなか出来ない


誘うが、上で、クルクル回っては 断念してしまうのだ。

跳べないジュリアン


時間が
けっこう 過ぎていく

あたしが、抱いて降りれば早いけど、それはしたくなかった。


自分で切り抜けろや



思いきって かなり遠くに離れて 呼んでみた。




ジュリア~ン カモ~ン



焦りに焦ってるジュリアン

クルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクルクル


回る回る回る回る回る回る




結局

ある瞬間

反対側から 跳び降りて 得意げに 駆け寄ってきましたとさ


ウ~ン

骨折しやすいウィペット


足の骨を折らなくて 良かったあ
スポンサーサイト
  1. 2009/05/31(日) 00:47:35|
  2. うちの子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ある日の午後 | ホーム | 感じたい>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipanda.blog83.fc2.com/tb.php/80-20bc3f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。