少しだけ…

『ウィペット』な ジュリアンと、へたれな黄パンダの 徒然なるままに…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アニマルセラピーについて

20090605161948
20090605161946
20090605161944
先日 ラジオで、お話させて頂いた


『アニマルセラピー』

あの時は、堅くなりそうだったから、専門的な事は 特に、お話しなかったのですが


ここで、ほんの ちょっぴり 御説明させてくださいませ~。




元々は

THERAPY(セラピー)とは
【治療】という、意味なんです。



セラピー犬

ドッグセラピー

アニマルセラピー

とは、日本で つくられた言葉なんですね。
ですから、あえて、『セラピー』という言葉を、使われない方々も、いらっしゃいます。



今の、日本では、一般的には、

【セラピー】=【癒し】のニュアンスで、使われている場合が、ほとんどですから、あたし的には、それはそれで、有りかなって、思って使ってます。


だって、その方が、伝わりやすいんですもの(^-^)
実際に【アニマルセラピー】という言葉を使い、活動されている方々も、沢山いらっしゃいますからね



さて

それでは

アニマルセラピーと 言わないなら なんっつうの?



略して『AAA』と、呼ばれる事が、多いですが 【Animal assisted Activities 】

【動物介在活動】
です。


所謂、一般的に 考えられている アニマルセラピーは ほとんどこれだと 思います。

要は、人の生活に、楽しみや癒しや潤いを、もたらす活動、訪問やレクリエーションなんかを、指しています。

動物がいてくれたら 嬉しいな、触れて癒されるなぁ、遊べて楽しいなぁって 感じで



なんていうんでしょうか?
明確?な、目標等は、示されなくてもよくて、それに対する 評価も なくても大丈夫です。




これに対し

【AAT】
【Animal assisted therapy】

【動物介在療法】は

ドクターやナース、OT(作業療法士)やソーシャルワーカー等の、医療の専門家が、治療目的で、動物を取り入れたプログラムを、設定する事なんです

ですから、きちんとした、目標が定められ、それに対する評価も必要となってきます。

様々な治療の過程に、動物も(co,therapist)コ、セラピスト
として、チーム医療の一員としての、役割を与えられます。

ようするに、AATは 医療目的の治療なので
介護士のあたしは、厳密にいうと

ドッグセラピーは 出来ないと、いうことになっちゃうんですぅ…。

あたしが
、やっているのは、犬を介した活動の【AAA】なんですね


でも…まぁ!いーんでないの?
現日本では、セラピードッグ
と、表現してもー、と思ったりしています。

なんか、回りくどい文章になり、お解りにくい部分も、あるかとは思いますが…



ご興味あられる方だけでも、ちょっとだけ、
知って頂けたらなぁ、なんて思いまして、御説明させて頂きました。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/06(土) 13:19:51|
  2. アニマル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<線路は続くーよー | ホーム | さてさて>>

コメント

☆ふーママさん

まぁ、小難しい事はぬきにして、結果的に 動物と人間が それぞれのかたちで 上手く関われたら 良いと思うんですがね (^O^)


はい ジュリアン、夜は やっぱり毛布を引っ張り潜りこみます。
どんだけ寒がりなんだって 感じでしょー
  1. 2009/06/05(金) 23:58:46 |
  2. URL |
  3. 管理人 黄色いパンダ #-
  4. [ 編集]

おお~~なんとそのような難しい問題が含まれていたとは!
たんに 動物を連れて行って癒されると言うのとはわけが違うのですね!

またお写真が見やすくなりました♪

そろそろ入梅ですねぇ
ジュリアンちゃんは未だに毛布を使うのですか??!!

ひえぇぇぇ~~
  1. 2009/06/05(金) 20:47:51 |
  2. URL |
  3. ふーママ #eYj5zAx6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kipanda.blog83.fc2.com/tb.php/85-4a008f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。